2016年03月01日

結膜母斑レーザー治療について

今日は天神クリニックでもよく行われている結膜母斑レーザー治療について説明させていただきます。

まず結膜母斑とはどういうものか・・・簡単に言えば眼の白い部分に発現するシミ・ホクロのことです。こういった色素沈着は皮膚だけではなく眼にも起こるんです。
お肌と一緒で紫外線、物理的な刺激・老化などによって発現リスクが高くなる言われています。
日本人・東洋人に多く見られるようですが、ほとんどの場合は視力に影響はなく、見た目を気にしない
場合は治療の必要がないのですが・・・女性は特に気になる方も多いかと思われます。

母斑レーザー.jpg


岡眼科では結膜母斑に対するレーザー治療を、飯塚本院にも天神クリニックも行っております。
これまでに治療を受けられた方の満足度は非常に高く、お悩みを抱えて来院された患者様も治療を終えた際には皆さま笑顔でお喜び頂いてます(^ ^)

天神クリニックでは基本的にはご予約なしでご来院頂き、問診後の診察にて医師の診断が付きましたらそのまま治療の準備→治療に入って頂きます。その後治療前の眼のお写真と治療後のお写真を確認して頂き、術後点眼をお渡しします。費用等は下記URLをご参照下さい。

http://www.okaganka.com/laser.html

詳しいご説明をお聞きになりたい方は、お気軽に天神クリニックへお問い合わせ下さいね(^ ^)

今日から3月、春もすぐそこまで来ていますが、まだまだ寒い日もございます。
風邪・インフルエンザなど流行は続いておりますので、くれぐれもお身体ご自愛ください。

天神受付 上森



posted by Okaganka-Tenjin at 00:00| 日記