2014年07月29日

ドライアイの症状って!?

最近よくドライアイという言葉を耳にすると思いますが、実は自覚されてる方の方が少ないのです。
そこで、今回はドライアイについてご紹介致します。

まず目はどのように守られているのでしょうか。

答えは涙と粘膜が目の表面を守っているのです。
涙は乾燥から目を守ったり目の表面を覆ってなめらかにしてくれます。
粘膜はさまざま刺激から目を守り、涙を均一に保つ役割をしてくれます。
正常な目は表面がなめらかで光が正しく入るのです。

ところがドライアイは

・涙の量が少なくなる
・粘膜が荒れた状態になる
・涙が目の表面を覆えなくなる

といった症状がみられます。
ドライアイの目は表面がデコボコで光が正しく入りません。
また、ゴロゴロする、乾く、痛い、疲れるなどの不快感も現れます。

そもそもドライアイの原因は何でしょうか。
それは3つのコンが原因なんです。

・パソコン
・エアコン
・コンタクトレンズ

どんな方でもドライアイになる可能性があるのです。

ドライアイの治療薬は二種類ございます。
一つ目は涙にはたらく目薬です。
人工涙液の目薬、ヒアルロン酸の目薬、水分の分泌を促進する目薬、ムチンの分泌、産生を促進する目薬などです。

二つ目は目の粘膜にはたらく目薬があります。

image.jpeg



もしドライアイかも?と感じられましたらお気軽にお聞きください。

岡眼科天神クリニック
介助 南里
posted by Okaganka-Tenjin at 10:14| 日記