2016年02月25日

花粉症

まだまだ寒い日が続いておりますが、梅の花も見頃を迎え、春が近づいて来ました。
春は新しい生活が始まる等、喜びの多い季節ですが・・・

花粉症の方は辛い季節ですね。
ということで、今日は花粉症のお話です。

花粉症.jpeg

アレルギーの話
人間に細菌やウイルスから身体を守る「免疫」という働きが備わっています。身体に有害な異物「抗原」が入ると「抗体」を作り、次に同じ異物が体内に入った時に抗体が直ちに異物を攻撃・排除する働きを言います。
この仕組みがエラーを起こして抗原に過剰に反応すると、私たちに不都合な効果をもたらします。これがアレルギーです。

季節性アレルギー性結膜炎とは
毎年同じ季節になるとアレルギーによって結膜炎が起こる病気の事で、花粉症がその代表です。
結膜(まぶたの裏側と白目の部分を覆っている粘膜)は眼球と外部を隔てているバリアのような膜なので、異物が溜まりやすく、症状が起こります。
症状としては、・かゆみ
       ・異物感
       ・充血
       ・目やに
       ・流涙    があり、症状がひどくなると黒目にキズが入る方もいます。

原因物質は 春 スギ  (1〜5月)
        ヒノキ (3〜5月)
      夏 カモガヤ(5〜7月)
      秋 ブタクサ・ヨモギ (8〜10月) と様々です。

対処方法・治療
まずはアレルギーの原因である花粉を出来るだけ避ける事です。マスク・眼鏡を使用し身体に花粉を取り込まないよう気をつけましょう。
帰宅時には衣服についた花粉を落として家の中に入りましょう。
室内環境としては、湿度があると花粉が舞いにくいので、加湿器を上手に使用し湿度を40〜50%程度にすると良いと言われています。

目の症状の治療には抗アレルギー剤、ステロイド点眼を使用します。重症化した場合には免疫抑制剤を使用する事があります。
症状の出やすい時期が予測出来る、花粉等が原因の場合には「初期療法」を行ないます。これは症状が出る前、花粉飛散時期の2週間くらい前から
または少しでも症状が現われたら治療を始めていきます。
早めに治療を始める事で花粉のピーク時の症状を抑える事ができます。

今年の福岡は、スギ花粉は2月下旬、ヒノキ花粉は3月下旬にピークを迎えるようです。
花粉症の方、大切な目を守るために早めの治療開始をお願いします。


天神クリニック 看護師川端

 

 

posted by Okaganka-Tenjin at 15:22| 日記

2016年02月20日

VDT検診について

今の時期、会社で健康診断が行なわれている所もあり眼科でもVDT検診に来られる患者様が増えています。
VDTとは、Visual Display Terminalsの略でありパソコンの画面等の画像表示端末を意味します。

職場でコンピューターを使用するVDT作業者のうち、身体的疲労等の自覚症状がある者は約8割、
多い症状としては@眼症状(眼精疲労、ドライアイ等)、A筋骨格系(こり、腰痛、頚肩腕症候群、手根幹症候群等)、
B精神症状(イライラ、不眠等)があります。VDT作業自体は作業環境を整えて正しく行えば、健康障害を起こすものではありません。
長時間の連続作業や好ましくない作業環境(作業空間、機器配置等)が健康障害を起こす原因になります。
VDT健診を本格的におこなう施設が少ないこともその要因となっています。
そんな中、ITの普及によりますますVDT作業の機会は増えており、VDT症候群に悩まされる人も少なくありません。

当院ではVDT健診を専門的におこなう体制を整えています。
このような症状がある方は、是非VDT検診を受ける事をお勧め致します。

詳しくは当院のHPhttp://www.okaganka.com/ をご覧下さい。

追加のご質問などございましたらいつでもお電話
又はメール fukuoka@okaganka.com にてお問い合わせ下さい。

介助澤本

今の時期、会社で健康診断が行なわれている所もあり眼科でもVDT検診に
来られる患者様が増えています。
VDTとは、Visual Display Terminalsの略でありパソコンの画面等の画像表示端末を意味します。
職場でコンピューターを使用するVDT作業者のうち、身体的疲労等の自覚症状がある者は約8割、
多い症状としては@眼症状(眼精疲労、ドライアイ等)、A筋骨格系(こり、腰痛、頚肩腕症候群、手根幹症候群等)、
B精神症状(イライラ、不眠等)があります。VDT作業自体は作業環境を整えて正しく行えば、
健康障害を起こすものではありません。
長時間の連続作業や好ましくない作業環境(作業空間、機器配置等)が健康障害を起こす原因になります。
VDT健診を本格的におこなう施設が少ないこともその要因となっています。
そんな中、ITの普及によりますますVDT作業の機会は増えており、VDT症候群に悩まされる人も少なくありません。

当院ではVDT健診を専門的におこなう体制を整えています。
このような症状がある方は、是非VDT検診を受ける事をお勧め致します。

詳しくは当院のHPhttp://www.okaganka.com/ をご覧下さいにこにこ

追加のご質問などございましたらいつでもお電話
又はメール fukuoka@okaganka.com にてお問い合わせ下さい。

介助澤本

 

 

posted by Okaganka-Tenjin at 00:00| 日記

2016年02月16日

レーシックご希望の患者様へ

最近、レーシック手術希望の患者様が増えております。
レーシック手術とは、レーザーで角膜を削り屈折異常を矯正する手術です。

来院される患者様の中には、レーシック手術に対する不安を持った方もいらっしゃいます。

当院では、そのような不安や疑問点を解決しご納得頂いてから手術のスケジュールを組んでいきます。
手術前にはレーシック手術に最も必要な角膜検査以外にも目の奥まで検査します。
よって、術後の見え方に影響する病気が無いか調べることができますので安心です。

気になる方はぜひお問い合わせの上、無料で行なっているレーシック適応検査(クイックチェック)へお越し下さい。

レーシック.jpg


天神クリニック 受付木村


 

 

posted by Okaganka-Tenjin at 15:32| 日記