2014年07月30日

facebook岡眼科クイズ正解発表!!

昨日facebookにアップしました岡眼科クイズの正解発表ですわーい(嬉しい顔)るんるんるんるん

昨日問題はこちらから↓↓↓
https://www.facebook.com/pages/






正解は〜exclamation×2exclamation×2








じゃ〜んひらめきひらめきひらめき

IMG_0109.jpg

そうです最新白内障手術機器カタリスですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



これが・・・・





まずは半分〜わーい(嬉しい顔)るんるん

IMG_0263.JPG






そして全部黒〜わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)るんるんるんるん

IMG_0264.JPG


そしてこんなエンブレム貼ってみたりと(車用エンブレム)・・・
IMG_0429.JPG



世界で一台最新白内障手術機器
が完成しましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

黒部分に使用したのはなんと車輌などに貼るカーボンシートを採用車(セダン)わーい(嬉しい顔)
↓↓↓↓
51s2T-Zh3IL-1._SL500_AA300_.jpg

メンテナンスに来られる方もビックリexclamationあせあせ(飛び散る汗)されてました


あっひらめき
そういえば岡院長の愛車にもカーボンシート貼ってあったような・・・わーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出すさま)


って事で正解はカタリスでしたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)ぴかぴか(新しい)


ではまた手(パー)




投稿 岡隆太郎
posted by Okaganka-Tenjin at 13:04| 日記

2014年07月29日

癒しの空間

院内が明るくなるよう、受付周りにお花を置いています。
私どもスタッフもふとした時お花を見るとすごく癒されてます!

お花以外にも観葉植物なども院内の所々にあり、癒しの空間となっております♪

IMG_7994.jpgIMG_0979.jpgIMG_6130.jpg

岡眼科天神クリニック
受付 村上
posted by Okaganka-Tenjin at 15:49| 日記

眼圧検査について詳しくお話致します。

眼科で診察を受ける際にたいていの人が受ける検査項目に眼圧検査というものがあります。
そう、あの眼に風を当てて眼の硬さを測定する検査です。
おそらくこの検査が好きな方はいらっしゃらないでしょうあの検査です。

そもそも眼の硬さって何?って話になるんですが眼の中には房水というお水が絶えず生成されそして眼の外へ流れていきます。この房水というお水が眼の内側から圧をかけているのです。
例えば房水が眼の外へ流れにくくなったとしたら眼の中の房水がどんどんたまっていき空気を入れすぎたボールのようにパンパンになっていきます。逆に房水が眼の外に出過ぎたり産生量が減ると空気の抜けたボールのようにフニャフニャになってしまいます。

その眼の内側からの圧力を測定するのが眼圧検査なのです。
では、風を当てるとなんで眼圧が測定できるかかという話ですが…
まず眼に風を当てると眼の表面は風に押されて少しへこみそして元の形に戻っていきます。そのへこんでから元の形に戻るまでの時間を測定しそれを眼圧値に換算して数値を決めているのです。
眼圧の高い状態であればへこんだ状態から元の状態になるまでの速度が早く眼圧の低い状態であればへこんだ状態から元の状態になるまでの速度が遅いという事になります。

現在眼科ではほとんどがこの風をあてて眼圧を測定する非接触型といわれる眼圧計を使用していると思います。非接触型があるのでもちろん接触型の眼圧計も存在します。
なぜほとんどの眼科で風が当たってちょっとびっくりする非接触型が使用されているのかっていう話になるのですが…

それはズバリ非接触型だからだと思います。直接眼を触らずに眼圧を測定できるので点眼麻酔など必要ないし機械の消毒等もほとんど必要ありません。そんな手間を省けるものだから検査にも時間がかからないのでどこの眼科でも使っているのかなーって思ちゃったりします。
こんな風にメリットばっかり書いてしまうと非接触型だけで接触型はいらないんじゃないか?っていうとそれがそうでもないんです。やっぱりあるんです。デメリットも…
非接触型の眼圧計はちょっとした事で測定した数値が変動しやすいのです。そのちょっとした事とは風を当てる際に瞬きが入ったりまつげに風が当たったりと様々です。直接眼を触っていく接触型の眼圧計であればそのような事はほぼ起きません。
なので眼圧検査を受けた方はお思いでしょう。なんで何回も何回も風を当てるんだ!1回じゃだめなのかと…
上記の理由から非接触型の眼圧計は複数回測定してその平均値を測定する事がセオリーとされています。もちろん正確に眼圧を測定する為なので患者様には少しだけ協力してもらう必要がありますので皆様よろしくお願いします。

ちなみに眼圧の一般的な平均値は10〜20oHgと言われています。眼圧が数値がこうだからどうなんだ?っていう話はまた次回お話致しますのでお楽しみに!

それでは今回はこの辺で失礼させてただきます。
ちなみに下記の写真は岡眼科天神クリニックで使用している非接触型の眼圧計です。

image.jpegimage 2.jpeg

岡眼科天神クリニック
視能訓練士 木村
posted by Okaganka-Tenjin at 10:25| 日記

ドライアイの症状って!?

最近よくドライアイという言葉を耳にすると思いますが、実は自覚されてる方の方が少ないのです。
そこで、今回はドライアイについてご紹介致します。

まず目はどのように守られているのでしょうか。

答えは涙と粘膜が目の表面を守っているのです。
涙は乾燥から目を守ったり目の表面を覆ってなめらかにしてくれます。
粘膜はさまざま刺激から目を守り、涙を均一に保つ役割をしてくれます。
正常な目は表面がなめらかで光が正しく入るのです。

ところがドライアイは

・涙の量が少なくなる
・粘膜が荒れた状態になる
・涙が目の表面を覆えなくなる

といった症状がみられます。
ドライアイの目は表面がデコボコで光が正しく入りません。
また、ゴロゴロする、乾く、痛い、疲れるなどの不快感も現れます。

そもそもドライアイの原因は何でしょうか。
それは3つのコンが原因なんです。

・パソコン
・エアコン
・コンタクトレンズ

どんな方でもドライアイになる可能性があるのです。

ドライアイの治療薬は二種類ございます。
一つ目は涙にはたらく目薬です。
人工涙液の目薬、ヒアルロン酸の目薬、水分の分泌を促進する目薬、ムチンの分泌、産生を促進する目薬などです。

二つ目は目の粘膜にはたらく目薬があります。

image.jpeg



もしドライアイかも?と感じられましたらお気軽にお聞きください。

岡眼科天神クリニック
介助 南里
posted by Okaganka-Tenjin at 10:14| 日記

2014年07月26日

近視矯正手術のクイックチェックを行っています

*クイックチェックとは??

LASIKやICLといった近視矯正手術の適応の可?不可?
また患者様に最適の近視矯正手術はどれか?を調べる検査です。

クイックチェック自体は無料、予約不要の検査ですのでご都合
の良いときにご来院下さい。
検査後診察受けていただき大まかな治療方法を判断させて頂きます。
疑問や不安の事があればお気軽にお尋ね下さい。


メールや電話でご質問等受け付けておりますので気軽にご相談下さいませ。

岡眼科天神クリニック
検査員 今泉
posted by Okaganka-Tenjin at 16:50| 日記

受付からすぐ見える位置にテレビを設置しました。

以前ブログでも紹介させて頂いた最新白内障手術機器カタリスと白内障手術機器シグネチャーの手術の映像などを流しています。カタリスは、それぞれの水晶体にあった切開の深さやサイズや中心位置が自動的に設定できるので綺麗な真円になるので術後の視力も安定します。
受付された際、是非チェックされてみて下さい。
IMG_0417.JPGIMG_0418.JPG

岡眼科天神クリニック
受付 澤本
posted by Okaganka-Tenjin at 12:43| 日記

パンフレットを使いより詳しくご説明致します。

診察時に疾患が見つかり詳しく先生のご説明を受けた後も、何かご不明な点が無いか介助がお伺いをしております。
その際、より分かりやすくお伝えできるよう岡眼科ではパンフレットを使ってご説明をさせて頂いています。
もし先生のお話で分からないことがあれば、お気軽にお聞きください。
また院内にパンフレットを置いておりますのでご自由にお持ち帰りください。

image.jpeg


岡眼科天神クリニック
介助 南里
posted by Okaganka-Tenjin at 10:50| 日記

2014年07月23日

岡眼科天神クリニック診察券が新しくなりました!

診察券が新しくなりました。
今までシルバーだったのですがゴールドに変わりました。
御来院の際に、これまでお使いいただいた診察券と交換致します。
IMG_7351 のコピー.jpg

岡眼科天神クリニック
受付 澤本
posted by Okaganka-Tenjin at 09:24| 日記

最近はやり目の方が増えていますのでご注意下さい。

岡眼科天神クリニックでは、ここ最近はやり目の患者様が増えてきました。
はやり目とはウイルスの感染が原因となる結膜炎です。
とても感染力が強く流行するので、このウイルス性急性結膜炎ははやり目と呼ばれています。
夏にかけて増える傾向にありますので、今日ははやり目のお話をしたいと思います。

ウイルス性急性結膜炎には3種類あります。

*流行性角結膜炎ーはやり目(アデノウイルス8型、4型、19型)
感染して7〜14日で発病し、まぶたの裏のブツブツや充血、まぶたの腫れ、目やに、涙がたくさん出るといった症状が出ます。
最初の1週間は症状が強いですが、徐々に軽減し3週間もすれば治ります。
hayarime.gif

*咽頭結膜炎ープール熱(アデノウイルス4型、3型)
感染して5〜7日で発病し、プールで感染する事が多くプール熱とも呼ばれます。
症状は流行性角結膜炎より軽いですが、結膜にブツブツが出来て、咽頭炎による発熱を起こします。
発病して5日くらいで症状も軽くなり、2週間くらいで治ります。
pu-ru.gif


*急性出血性結膜炎(エンテロウイルス70型)
感染して1〜2日で眼球結膜に出血を起こし、ゴロゴロ感、充血、まぶしさ、結膜にブツブツ等流行性角結膜炎と似た症状があらわれますが、流行性角結膜炎と違い1〜10日ほどで治ります。
syuketu.gif


はやり目は原因ウイルスは分かってはいますが、ウイルスに対する特効薬はありません。
ウイルスに対する免疫ができて、自然に治るのを待つしかありません。他の感染を起こさないための抗菌点眼薬や炎症を抑えるためのステロイド点眼薬等を使用し症状を少しでも軽くするようにします。

症状が重症の場合まぶたの裏側に偽膜(ぎまく)とよばれる膜状の炎症反応を認める場合があります。
偽膜が生じた場合は、角膜炎や角膜びらんを引き起こすこともある為、はがす治療が必要になります。
また、結膜炎の症状が治まってきた頃に、結膜だけでなくしばしば黒目(角膜)にも炎症が広がり、角膜上皮(角膜の一番表層の細胞層)が傷ついたり、点状の濁りができたりすることがあります。
このときに治療をやめると、黒目が濁って視力がおちてくることがありますので、自分で判断せず医師がいいというまで点眼などの治療を続けるようにしましょう。

はやり目は接触感染でうつります。
家族やまわりの人にうつさない為にも、感染予防対策として下記6箇条をお願いしています。

1.石鹸でよく手を洗う
2.人混みへは出かけない
3.休養をとって体力をおとさない
4.保育園・幼稚園・学校は医師の許可があるまで休む
5.医師の許可があるまでプールに入らない
6.タオルや洗面用具等は家族のものと別にする

当院ではアデノチェックという角結膜上皮細胞中のアデノウイルス抗原検出試薬で、短時間でアデノウイルスによる結膜炎を確定診断することができます。
アデノチェックで陽性反応が出た場合、アデノウイルス結膜炎と診断できますが、陰性反応だからといってアデノウイルス結膜炎でないとは、断言できません。
検査の感度の問題で、ウイルスの量が少ないと陰性に出てしまう場合もありますので、症状や所見からはやり目と判断する事もあります。
疑わしい場合もやはり同様に感染予防対策は重要となります。

当院では院内感染を防ぐ為に、来院時にはやり目を疑う患者さまには、申し訳ございませんが他の患者さまと別の椅子で診察や会計をお待ちいただきますので、必ずスタッフが誘導いたします。
また、診察後に椅子やドアノブ、診察用顕微鏡など、全てアルコールにて消毒致します。

当院にてそのような場に遭遇しました際は、どうぞみなさまのご理解とご協力の程お願いいたします。

岡眼科天神クリニック
看護師 一ノ瀬
posted by Okaganka-Tenjin at 09:14| Comment(0) | 日記

2014年07月16日

九州初白内障手術レーザー機器カタリスを導入しました!

本日国内でも現在5台しかなく、その5台目(九州では1台目)となる最新機器白内障手術レーザー装置・CATALYS(カタリス)岡眼科天神クリニックに導入致しました。
当院は最新白内障レーザー機器を岡眼科クリニック(飯塚市)にLenSx、岡眼科天神クリニック(福岡市)にCATALYS(カタリス)を計二機導入した事は日本初となります!
catalys.jpgIMG_0123.jpg


CATALYS(カタリス)はヨーロッパにおいて2011年にCEマークを習得し、アメリカでも同年にFDAの承認を得ています。
特徴といたしまして、従来の手作業による手術法では水晶体の前嚢切開の際真円になりにくい状態でしたが、最新機器KATALYS(カタリス)ではレーザーを使用し前嚢切開を行いますので奇麗な真円になり術後の視力もより安定します。


o0386029512037983041.jpg

水晶体核分割後

レーザーで水晶体核分割(サイの目状)を患者様一人一人の白内障の程度に合わせ何段階も選べる様になっております。
そのため吸引もスムーズに行え周辺組織を傷つける事がないので内皮障害を防ぎ安全性も向上します。
今まで以上に患者様の目にやさしく、かつ最先端治療が当院岡眼科クリニック(九州)でも可能になりました。

投稿 岡隆太郎
posted by Okaganka-Tenjin at 17:28| 日記